サイトマップ

メインコンテンツ

その他のコンテンツ

新卒採用の就職活動

就職活動は、社会に出るための第一歩といえます。就職は、仕事に就くことを言いますが、その大きな目的は生活をするためといえるでしょう。高校や大学を卒業と同時に就職をして社会人として働くことになりますが、実際の就職活動は、それ以前に始めることになります。現在の日本は、ある程度高学歴社会になっています。

新卒採用の場合は、就職活動についても大学卒業が当たり前の風潮があります。高校卒業の新卒採用は数も少なくなっているのが現状で、中学卒業に関しては、就職活動そのものが困難とされています。ですから、新卒採用にならなかった方も就職浪人という言葉もあり、アルバイトで仕事を続ける方をフリーターと呼ぶ場合もあります。好景気が続く時代においては、需要がとても多く、新卒採用で決まるのか常識でした。

今の就職活動に関しては、氷河期と言われるほどで、4年制大学を卒業した方の就職活動においても100社以上の入社試験を受けても、就職が出来ないこともよく耳にします。大学に入って、新卒採用で希望の会社に就職をしたい方は、3年生になった時点で就職活動を始める時代になりました。会社側も良い人材を求めて、その流れに乗ることで、4年生になると同時に、就職活動の終止符を意味する内定を出すところも少なくありません。そうしたことから、大学4年生になってからの就職活動そのものが厳しい時代になっていますが、新卒採用にこだわらない就職活動も頭に入れておくと良いでしょう。

▽特選サイト
希望条件から絞り込み検索しやすい求人サイトです >>> 求人